スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大判焼き

080130_162502.jpg

私には楽しみにしている月1本(月に1回発行の本)が3冊あって
ひとつは「天然生活」、もひとつは「コーラス」(マンガです)
そして3つめは秋田魁新報の夕刊と一緒に入ってくる
「郷」というコミュニティーマガジン。
あの薄い冊子になぜか魅力を感じてしまい
新聞受けに入っているのを発見すると、すごく嬉しい。

好きなコーナーは、東北の温泉宿が紹介されている「みちのくココロとカラダの癒し旅」。

そして今回、目に留まったのは「竹内商店」という秋田市川反にある大判焼き屋さんの記事。
昭和36年から大判焼きを焼いているそうだから
きっと地元ではみんな知ってるお店なんでしょうね。

私が小学生か中学生の頃まで、うちの実家の近所にも冬限定で大判焼きを焼いているお店がありました。
栗大福が評判の小さな和菓子屋さん。
お店の隅で夏はかき氷(これは今もやってる)、冬は大判焼き。

この大判焼きがもう、もう、たまらなく美味しくって
小学生の頃は毎日この大判焼きのこと考えてたっていっても過言ではないくらい。
ひと冬で軽く50個は食べてたんじゃないだろうか。
生地の外はカリっとパリッと、中はふっくらと。
そしてあんこがもうすこぶる美味しい。甘みもトロっと加減も最高峰!

私の中で「忘れられない味~おやつ編」で3位には入ります。
あのお店が大判焼きを焼かなくなってからもう20年くらい経ってるだろうから
もうたぶん、食べることはできないんだろうけど・・・。

今度、竹内商店さんに行ってみよう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

花fe香fe みなこ

Author:花fe香fe みなこ
心地よい音楽が流れる 温かな
空間で ほっとできる手作りの
ごはんやおやつを楽しみながら
のんびり時間を過ごして
いただけたら うれしいです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。