スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンの温め直し方

20071118175821.jpg
~販売用「ドライフルーツのパン」発酵中~

20071118175841.jpg
~そして焼き上がりました♪~

お客様からの質問で多いのが「パンの温め直し方」。
手づくりのパンは余計な材料が入っていないから、
焼いてから時間が経つと固くなるのが通常。
聞くとどうやら皆さん、電子レンジでチンするそう。

電子レンジでチンしたパンは確かにふわふわになるのですが
パンの生地が縮んでしまい、すぐに固くなってしまいます。

私がおすすめしているのはオーブントースター、
またはオーブンを使って温め直すこと。

①まずはオーブントースターをしっかり予熱(5~10分)
 *オーブンの場合は180~200℃で予熱

②しっかり中が熱くなってから、パンを投入

③4~5分焼いてから(焦がさないようにネ)
 スイッチOFFにし、そのまま庫内で1~2分蒸らし、
 中まで温める。

そうすると外はカリっと、中はふわっと仕上がります♪

温度と時間はあくまでも参考に。
オーブンはそのお家お家のクセがあるので、
パンにとって一番いい温度と時間を見つけてくださいね♪

ちなみに食パンはちょこっと焼き方が違うので、
また次回ご紹介してみます^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。
温めなおし方、なるほどーって感じです!
予熱と余熱ですかあ。
ためになりました!

焦げやすいデニッシュ系とかはどうするんだろう?

deeppowさん、はじめまして♪

デニッシュ系のパンも同じように焼いてOKですが、焦げやすいオーブン、
またはオーブントースターの場合、やっぱり中が温まる前に表面が焦げ付いてしまうことも。

そんな時はまずしっかり予熱したオーブンの中にアルミホイルに包んだパンを入れ、
4~5分焼いてパンを温めます。
そしてその後、アルミホイルをはずして表面だけカリっとなるように少し焼くといいですよ♪

ナルホド!
アルミホイル!
そしてはずすとは!
目から鱗とはこのことです!
これで安心してたべられます♪
ありがとうございました!
プロフィール

花fe香fe みなこ

Author:花fe香fe みなこ
心地よい音楽が流れる 温かな
空間で ほっとできる手作りの
ごはんやおやつを楽しみながら
のんびり時間を過ごして
いただけたら うれしいです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。