スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜ジャム

先日の京都旅行からハマってしまったもの。
それは「生姜ジャム」。

京都は予想以上に寒くって
知恩寺の手づくり市の日は今年最高の寒さ。
仲良しお姉さんと温かいものを求めながら歩いていたら
私たちの目に留まり、心をグググっとわしづかみされたのが
手づくり市に出品されていた「生姜とレモンのジャム」。
生姜=温め効果、なもんでね。

帰ってきてから早速食べてみたら
生姜の辛みが結構パンチの効いたモノで
生姜好きの私はハマってしまった。
口の中に生姜の香りと辛みが広がって
体もぽぽぽっと温まる。

パンにつけたり、お湯で割ったり、
そのままパクッといくことも。
毎日食べてるもんだから当然残り少なくなり
自分でも作ってみました。

生姜ジャム

すりおろした生姜とりんごに
グラニュー糖少しとはちみつとレモン汁とで。

今日のお昼ごはんもこんがり焼いたトーストに
たっぷりつけて食べたのだ。
しばらくは生姜ジャム中毒が続きそう。
スポンサーサイト

復活

インフルエンザを完全退治し
今日からお店に出ています。
お休みの間、お見舞いメールをくださった皆さま
本当にありがとうございました。
来年からは何が何でも予防接種をするぞ!と心に決めましたので。

病気をした時は「健康」であることがいかにありがたいことなのかを
改めて再確認。ヒシヒシと。

寝不足だって二日酔いだって
若さで乗り切れた20代は遙か遙か、遠くの過去・・・。

今年からは自分の体力を過信せず
“倒れる前の予防”を心がけたいと思ってます。

当選

ついこの間の大晦日、岩手県観光協会から届いた1通のお便り。
何の案内だろう?と封を開けてみると
そこには「宿泊割引10000円」の券が!!
そういや秋頃泊まりに行った鶯宿温泉で
応募はがきに書いたような記憶が・・・。

過去に応募した全員プレゼントでさえ品切れでもらえないほど
クジ運がほんっとにない私がなんと10000円の割引券を当てるとは!

そして次の日、元旦。
夕方家族と近場の温泉へ日帰り入浴に出かけたら
お正月なもんで、福引き開催中。
最初に家族がひいたクジ。
開いた係の人が「3等です!おめでとう~ございま~す!!!」。
なんと入浴12回券を見事当てました。
周りにいた入浴客もみんな一緒になぜか「バンザーイ!バンザーイ!」。
んでもって私の番。
1枚ひいてみると係の人「・・・・!!!すごい!・・・特賞ですよ!!!」
「へ?特賞???それって、いい賞なんですか??」と
ちんぷんかんぷんの返答をする私に
「1日1本だけの1番いい賞ですよ!宿泊2名様ご招待券です!!」と。
こりゃこりゃ、目玉飛び出るほどビックリで、
またまた入浴客、係の人、みんなでなぜか万歳三唱。

2日続けてこんな豪華賞品を当ててしまうとは・・・。
幸せ貧乏の私はその分なにか悪いことが起きるのではとビクビク。


それから約3週間後の昨日。
またまた当たりました。
近頃、巷で流行っているインフルエンザに見事当選。

当たる時はなんでも当たっちゃうのね・・・。
ただいま病床より、うつろな目でこのブログを書いています。


*昨日・今日の臨時休業は情けないことに私のインフルエンザが原因です。
  ご来店の予定だった方、知らずに来てくださった方、パン教室に参加の予定だった皆さん、
  私の体調管理の甘さでご迷惑をおかけしてしまい、本当に本当に申し訳ございません。
  25日と26日はスタッフのかなこちゃん&あやちゃんコンビがお待ちしておりますので
  どうぞ遊びにいらしてください。(25・26日は16時クローズとなります)

祖母

日曜日、91歳で祖母が亡くなりました。

ここ数年ずっと寝たきりだったから
みんな覚悟はしていたのだけれど。

本当に眠っているようにしか見えない安らかな顔。
きれいな寝顔を見ていると、実感がわかない。
でも「お疲れさま。ゆっくりゆっくり休んでね。」という気持ち。

小さい頃はよく泊まりに行って
いっぱいいっぱい可愛がってもらって。
進学で秋田を離れている間も手紙を出したりしたのに
仕事を始めてからは、ぜんぜん会いに行ってなかった。
今更ながら、もっと顔を出せば良かったという後悔。

優しくて、とても穏やかな人だった。
肌がピカピカきれいな人だった。
祖母が作る「くるみ餅」は最高に美味しかった。
あの味は祖母にしか作れない。



*1/21(水)は臨時休業とさせていただきます。
  ご不便をおかけし申し訳ございません。

京都の旅

つい先日、仲良しお姉さんと
京都までカフェ・雑貨屋さん巡りの旅へ。

一番の目的は毎月15日に開催される
知恩寺の「手づくり市」。

境内に布小物やアクセサリーなどの雑貨、
焼き菓子やパン、コーヒー、京の漬け物などなど
自慢の手づくり品を並べたお店が所狭しと並んでいます。

急ぎ足で一回りしても3時間近くかかったから
ゆっくりじっくり見て回るには一日かかるかも。

おたふくコーヒー

途中、すごく楽しみにしていた御多福珈琲と
大福を買って、休憩なんぞしながら。
以前雑誌で見たお兄さんがにこやかな表情で
コーヒーを丁寧にいれてくれて嬉しかった。
雑誌のとおり、ステキなもみ上げも健在でした。

市ってなんだかワクワクするものだけど
世界に1つしかない手づくりものばかりが並ぶと
その興奮度はなおさら。
売る人と買う人との楽しい交流が繰り広げられる
すごく魅力的な場所でした。

アップルシナモンロール

アップルシナモンロール

今日は手づくりパンを楽しむ会の
「アップルシナモンロール」作り。

バターたっぷりの甘いパン生地に
シナモンシュガーとキャラメリゼしたりんごをのせ
くるくる巻いて焼き上げる、おやつパン。

お店がりんごとシナモンの香りいっぱいになりました。

ミルクティー

ちょっと前のこと。

おじいさんと一緒に、部活帰りらしくユニホーム姿の男の子が夕方お茶をしに。
ケーキと一緒にドリンクをご注文される際、おじいさんはロイヤルミルクティーを。
「う~ん・・・紅茶かな」という男の子におじいさんが「ミルクティー飲んでみろ~。
お店でちゃんとしたミルクティー飲んだことないだろ?缶のとぜんっぜん違うから」と。
おじいさんの熱いススメで男の子も迷いながらも同じミルクティーを。

メニューにはないけれど、おじいさんはアールグレイのミルクティーがお好きらしく
アールグレイの茶葉でロイヤルミルクティーを作った。

牛乳を温めながら、私の初ミルクティーを思い出していた。
中学生の時に飲んだシンバという缶ミルクティー。
あの頃はそれこそ喫茶店でジュース以外飲んだこともなく、
紅茶も砂糖なしでは飲めず、味も甘みも薄い缶ミルクティーが
美味しいとは思えなかったな。

アールグレイの柑橘系の匂いがふわっと香る
牛乳だけで煮出したロイヤルミルクティー。
一口飲んだ男の子は「うわ、美味しい~!」と。
おじいさんは「だろ~♪うまいだろ~♪」と。

お二人の様子が微笑ましくって
なんだかすごく嬉しかったのです。

2009年のパン初め

フライパンパン

今日は初めて参加の婦人会8名さまでパン作り。
2009年のパン初めです。

フライパンで焼く方法も知りたいというリクエストだったので
フライパンで焼くテーブルパン、オーブンで焼くテーブルパン、
そしてオーブンで焼くソーセージロールの3種類を作りました。

例により、生地をひたすらこねる、こねる。
そしてこんがり焼き上がったパンを見て、大歓声。
さらには焼きたてを頬ばって、「うわ~♪♪♪」とにっこり幸せ顔。

わかる、わかる、わかります。
私も初めて、まともなパンが焼けたときは
「自分でパンが焼けるなんて!」とすんごく感動して嬉しかったもの。
忘れたくない、忘れちゃならぬ、初心なり。

あずきとチョコ

あずきとチョコのケーキ

甘いものが食べたくなったとき
あずき派?それともチョコ派?

私は断然あずき派。
お正月やら彼岸やらなんやらの時に実家の母が
お餅やおはぎ用にこしあんを作るんだけど
このあんこがこの世で一番好きな味。
母の目を盗み、あんこだけちょこちょこつまむのが至福の時。

冷蔵庫にこしあんが残ってたから
こしあんを入れたチョコレートケーキを作ってみた。
かのこ豆も入れ、和風なかんじのチョコケーキ。
当たり前だけどあずきの味もチョコの味もします。
意外にも相性のよい組み合わせかも。

コーヒー日和

コーヒーカップ

喫茶店とかカフェといったら、まず「コーヒー」って感じだろうけど
花fe香feはコーヒーと同じくらい、またはそれ以上に
ハーブティーや紅茶、ミルクティーのご注文多し。

でもなぜか今日はコーヒー、コーヒー、コーヒー。
朝から夕方までコーヒーのドリップ連チャン。
今日はみなさんにとって、コーヒー日和?
そしてコーヒーのお供はチーズケーキ、ハニートースト、
チーズケーキ、ハニートースト・・・。
おもしろいくらい、女性も男性も大人も子供も同じご注文。

新しく加わったコーヒーカップも大活躍。

ちなみに昨日はなぜか
カフェオレ、ミルクティー、カフェオレ、ミルクティー。
丑年のスタートを記念すべく、ミルク日和でした。

2009年

食パン作り

新年あけましておめでとうございます。

昨年もこの場所でたくさんの出会いがあり、たくさんの方に支えられ、
元気をいただき、笑顔をいただき、「あ~、私は幸せものだ~」と
しみじみ、しみじみ、かみしめた1年でした。

今年もひとつひとつ大切に、丁寧に、変わることのない温かさの中に
ときどき小さな変化をチラリと折り込んで
楽しみながら「花fe香feらしく」ありたいと思います。

2009年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまにとって、健康で充実した素晴らしい1年になりますように。


今日は今年最初の花fe香fe。
スタッフのかなこちゃんはいつものようにホワイトソースを煮込みながら
キャベツをタタタタタっと千切り。
私は食パンの生地を仕込みながら、合間に生クリーム泡立てたり、
マヨネーズを作ったり、サルサソースを作ったり。
いつもの仕込みも1年の始まり日だと、ちょっと新鮮な感じ。
そしてBGMはオープンした頃よくかけていたボサノバのアルバム。
このアルバムを聴くと、なんだか新鮮で穏やかで晴れ晴れとした気持ちになれるから
1年の始まり日には必ず聴きたくなるのです。
プロフィール

花fe香fe みなこ

Author:花fe香fe みなこ
心地よい音楽が流れる 温かな
空間で ほっとできる手作りの
ごはんやおやつを楽しみながら
のんびり時間を過ごして
いただけたら うれしいです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。