スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の味

角館の町内にも「氷」の旗がひらひらと。
一気に夏気分。

岩手県雫石町のジェラート屋「松ぼっくり」さんから
あさって夏のジェラートが届きます。
春の定番は「桜」。冬の定番は「ティラミス」。
そして夏の定番は「海のジェラート」。
塩味が効いてサッパリとした人気の味。
あ、一緒にトマト味も届く予定です。

松ぼっくりさんは花fe香feを始める前から
ずっと好きだったジェラート屋さん。
メニューを考えてるとき、パフェやハニートーストに使うアイスは
甘ったるいバニラ味じゃなくて、美味しいミルクアイスにしたかった。
どうしても松ぼっくりさんのジェラートにしたかった。
なので、ダメもとでお願いに行きました。

そしたらなんとも嬉しいことにお取引の承諾をいただいて。
念願叶って花fe香feで使うアイスは「松ぼっくり」さんのジェラートに。

メニューBOOKを見て「あ~!松ぼっくりのアイスだ!」と喜ぶ
松ぼっくりさんファン多し。

たま~に「これって、松ぼっくり(木の実)の粉末を
混ぜてるんですか?」とかわいい質問される方も。

スポンサーサイト

これからライブ

今夜は大仙市出身の青谷明日香さんの
ピアノ弾き語りミニライブ。

青谷さんにお会いするのも
そして生で聴くのも初めて。ドキドキです。

虹

そして。そういえば。今思い出しました。
数日前、北秋田方面へ車で走っていたとき
虹を見ました。

流れ星と同様、虹ってなかなか見れそうで見れないもの。
大きくて、まぁるくて、当たり前だけど虹色。
すっごくキレイな色でしばらくぼけ~っと眺めてました。
こんな嬉しいもの見ちゃうと
小さな悩みなんぞどこかへひとっ飛びします。




パンダのTシャツ

パンダTシャツ

今年4年回めの夏を迎えるパンダTシャツ。
花fe香feがOPENした年の夏に
スタッフと一緒にカタログ注文したTシャツの中の1枚。

左肩にこのパンダが付いているデザイン。
着やすくって使用頻度がかなり高い。

年甲斐もなくキャラものを着ている私に驚いているのか
パンダのぽけ~っとした顔に目を奪われいるのか
お客様にお水を持っていっても
お客様とお話をしていても
お客様の目線は私の左肩に。

Tシャツって動きやすいし、洗濯が楽ちんだし
いろんなデザインや色でちょっと冒険できるし
組み合わせもあんまり悩まなくって済むし
いいことづくし。

アンドナウ7月号

月刊あんどなう

秋田のこだわりタウン誌「月刊アンドナウ7月号」に
花fe香feの「ブルーベリーソースのチーズケーキパフェ」を
載せていただきました。

チーズケーキパフェはOPEN以来の人気デザート。
チーズケーキがまるごと1個入っているけど
なめらかな口当たりのケーキとミルクジェラートの組み合わせだから
ランチの後にペロリと食べる女の子も多いです。

「月刊アンドナウ7月号」は題して“食いつくせ!夏”。
冷たい麺とスィーツ情報が満載。
私も行ってみたい、食べてみたいお店ばかり。
次の休日はまずどこのお店から攻めるか作戦会議せねばっ!

今日の手づくりパン

トマトフォカッチャ 野菜のせ

今日は手づくりパンを楽しむ会
「トマトとハーブのフォカッチャ作り」。
今、まさにオーブンで焼かれようとしているパンの画像。

今日はトマトを練り込んだフォカッチャ生地にかぼちゃとトマトと
モッツァレラチーズをのせて。とってもイタリアンな感じのパン。

初夏の風はジャズの薫り

明日の土曜日はアトリオン音楽ホールで
「初夏の風はジャズの薫り2008」のコンサート開催。

ジャズピアニスト早川泰子さんをリーダーに
秋田出身のジャズミュージシャンによる
ジャズのスタンダードナンバーをたっぷりと。

というわけでスミマセン、聴きに行ってきます。
そしてスタッフもコドモちゃんの行事が重なってお休みなので
明日の花fe香feは15:00クローズとさせていただきます。
皆さま、ご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

鎌倉ひとり旅

アップルパイ

鎌倉へひとり旅。

花fe香feを始める前からずっと憧れていたカフェへ行くのがいちばんの目的。
何年もずっと本でそのお店を見ていて、イメージばかりが膨らんで。
ドキドキしながら実際にその店内に入ってみると
そこは本で見るよりも私が勝手に想像するよりも
ずっとずっとステキなところでした。

10年後の私もこうでありたいなと小さな目標。
いつも新鮮な気持ちでカフェ屋さんをやっていたいなと。


そしてこの時期の鎌倉はあじさいが満開。
見ました見ました、あじさい。
歩きました歩きました、お寺さん。
そして食べました。食べまくりました、おいしいもの。

まずは神田で近江屋洋菓子店のアップルパイ。
そして鎌倉へ移動し小川軒のレーズンウィッチ。
KIBIYAベーカリーの天然酵母クロワッサン。
鎌倉のカフェでオムライスとパフェを。
ドイツパンのお店でレーズンパン。
長谷寺であじさい眺めながら大吉だんご。
こ寿々のわらび餅。
またまた鎌倉のカフェでカフェオレとゴーフル。
逗子のカフェでチャイとドーナツ。
そして逗子の新鮮なお魚をたっぷり堪能。

あ。ろみさんのジャムはおうちで。

3日間よく頑張りました、私のイブクロ君。

手紙

マチルダ

この間のお休みは大館の石田ローズガーデンへ。
品種はさっぱりわからないけれど
いろんな色でいろんな形のバラが
いろんな名前がついて咲いていました。

私が気に入ったのは、この「マチルダ」。
色も花びらの形も名前もかわいらしい。

その後はカフェでお茶しながら読書。
花fe香feに来てくれる女の子からお借りした“手紙”の本。
かわいい便せんや封筒、はんこやボールペンなど
手紙の道具の紹介や手紙にまつわるエッセーがイラストとともに。

こんな本を読むと筆無精の私でも手紙を書きたい衝動にかられる。
高校を卒業し、進学や就職で同級生が日本全国に散らばったとき、
携帯もパソコンもなかったから、みんなよく手紙のやりとりしたなぁ。
ポストに入れる時はそれを読んでるお友達の顔を想像してニヤリ。
お友達からの手紙がポストに届いた時のパァ~と嬉しくなる気持ち。

遠くに住んでるお友達に喜んでほしくて、また手紙を書きたくなりました。
そして書き始めたときに自分の字のヘタさに落ち込みました・・・。

サラサラっとさりげない字と文章で手紙が書ける大人になりたい。

フライパンぱん

フライパンパン

パンって実はフライパンでも焼ける。

いつも声をかけていただいているJAF秋田支部さんを会場に
6月14日は「フライパンで焼くおやつパン」作り。

オーブンで焼いたパンがケーキ屋さんのスポンジケーキならば
フライパンで焼いたパンはお母さんが作るホットケーキ、って感じ。

なかなか意味不明の例えだが
つまりはホームメイド感がより感じられるパンに焼き上がるのです。

オーブンは入れてから焼き上がるまでそのままだけど
フライパンは火の加減で微妙に焼き上がり具合が違うし
両面焼くので、お焼きみたいな形に。
そして食感はふんわり柔らかい皮で中はしっとりしっとり。

このフライパンぱんも実は好きなのですよ、わたし。

買い物かご

買い物カゴ

私が食材を買いに行くとき使っているかご。

最近はスーパーに行くと
専用のバスケットやかわいいエコバッグで
買い物している人が増えてます。

私の買い物かごは数年前、
籐かご教室へ通っていたときに自分で作ったもの。

2時間の講習で作品は完成せず、続きはお家で。
でも昔から宿題をきちんとやった経験がとても少ない私は
大人になってからもやはり宿題はきちんとできず。

縦芯がニョキニョキ立ったまま、とか
持ち手がついてない、とか
あと一歩なのにカゴとして機能できない作品が山盛り。

このカゴもその仲間だったけれど
ある日急に思い立ち、三つ編み模様の持ち手をつけました。
完成したら急にかわいく見えちゃって。
牛乳3本、玉ねぎ1ネット、ホールトマト缶4個一緒に入れても
ぜんぜんビクともしない丈夫さに
わがカゴながら、ほれぼれ。

ちび黒ごまぱん

ちび黒ごまパン

今日はランチ用と販売用に
ちびっこくて丸っこい黒ごまパンを焼成。

もひとつ販売用に、同じ黒ごまパンの生地で
プロセスチーズを包み、切り込みを入れてから
さらにモッツァレラチーズをのせた、黒ごまチーズパンも。

チーズのとろ~り加減に魅了されてか
2回焼いたけど、どちらもオーブンから出てすぐ完売。
明日も焼きます。

このちびっこくて丸っこいパンがたくさん並んでると
どうしても思い出してしまうものが。
ちょっと昔に見ていた「ウゴウゴルーガ」のミカンせいじん・・・。
ぴこっと手足が出て、あの声で「わー!わー!」と騒ぎ出しそう。

赤のコランダー

コランダー

赤いふちどりのコランダー。
台所にちょこっとこんな色があるだけで
いつものごはん作りも楽しくなります。

今日こそは。

トマトフォカッチャ

今日は忘れずに入れたイーストさん。

トマトの酸味とハーブが香るフォカッチャ生地に
モッツァレラチーズをのせてこんがりと。
パン生地がきれいなオレンジ色になるとこもカワイイ。

今月の“手づくりの時間”は「トマトとハーブのフォカッチャ」を作ります。
28日(土)の回は満員なので22日、25日をご希望の方はお早めにどうぞ。

いつか。

ホットケーキ

一生のうち1度だけチャレンジしたいこと。

ひとつはイチゴと生クリームの大きなホールケーキを
まるまる1個、でっかいフォークで食べること。

ふたつめはちびくろさんぼみたいに
お皿にこれでもかと高く積み上げたホットケーキに
メープルシロップとバターをた~っぷりのせて食べること。
絵本の中で、ちびくろさんぼのお母さんは27枚、
お父さんは55枚、そしてちびくろさんぼは169枚。
彼らの記録を更新する気は毛頭ないが
10枚は軽くチャレンジしてみたい。

どちらもやろうと思えばすぐできること。
でもその後弱りまくる胃腸と
新記録を更新するであろうわが家の体重計のことを考えると
なかなかチャレンジできないのであります。

今日は数センチの超ちびホットケーキを5枚焼いて、
まずは軽くウォーミングアップ。
いつかチャレンジする日のために。
プロフィール

花fe香fe みなこ

Author:花fe香fe みなこ
心地よい音楽が流れる 温かな
空間で ほっとできる手作りの
ごはんやおやつを楽しみながら
のんびり時間を過ごして
いただけたら うれしいです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。