スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の甘いもの

いちご大福

お店の買い物はいつも朝。
野菜は角館駅前にある農家直売所「花咲きの里」さんにふらりと。

花咲の里では野菜の他にいろんな種類の漬け物、
そして農家のお母さんたちが作ったおやきや巻き寿司、寒天も売ってます。
おやきにいたっては4~5人のお母さんがそれぞれ作っているから、味もそれぞれ。
あんこも粒あんやこしあんがあるから、常連さんは自分の好きな味を見つけて、
その人の名前が書いてあるものを選んだり。

今日はそのコーナーに“いちご大福”が。
「ん~春って感じだな~」と思わずニンマリ。
まんまるでずっしり重いいちご大福をもちろん買って
今日のおやつにしましたとさ。

明日から3月。春はもうすぐ。
桜餅やうぐいす餅も食べなきゃ。
それが終わったら花見団子。

春は食べなきゃいけない甘いものが
たくさ~んあって、困っちゃう。(←決して義務ではない)


スポンサーサイト

窓際のひとり席

窓際一人席

ちょっとだけ模様替えし、窓際にひとり席を。

花fe香feには6テーブルあって、どれも4人席。
もちろん1人でゆっくり座っていただいて嬉しいのだけど
時々4人席に1人で座ることを申し訳なさそうに
「いいですか?」とおっしゃるお客様が。
こちらがかえって申し訳なくて・・・。

なんどか1人席と2人席を試してみたこともあるけれど
なんだかいい具合にレイアウトできず、いつも断念。

そして昨日、再チャレンジして窓際にひとり席を。
コトっと、ゆっくり本を読んだり、ぼ~とするのにぴったりな感じ。
ひとりの時間にひたりたい方、どうぞお試しください。

落ち着く席というのは人それぞれ。
ひとりで過ごすにもふたりで過ごすにも
どうぞご自分がゆっくりできる席を選んでくださいね。

休日

文中

昨日の休日は小安峡温泉へ日帰りドライブ。
の予定が、なんだか抜けきらない風邪が
よりによって休日前夜にまたやってきて・・・。

結局あきらめお家でぐたぐた。
でもせっかくのお休みが・・・と悔しがり
せめて美味しいお昼ごはんを、と角館の稲庭うどん屋「文中」さんへ。
私は秋田県民なのに稲庭うどんをきりたんぽをお店で食べる機会は意外に少ない。
でも文中さんの稲庭うどんはとても上品な味で美味しかった。

そして帰り道はコーヒー豆を買いに「ちば珈琲店」さんへ。
ちば珈琲

豆の特徴を丁寧に教えていただき
「ミックス」という酸味・苦み・甘みのバランスが取れているという
おすすめの豆を購入。

そしてさらに帰り道、「ガトーやまだ」さんでケーキを3個も買い
おうちに帰ってから、のんびりとお茶時間。

風邪ひいて具合悪くってもこんだけ食べられれば、ね。
おかげで今日はすこぶる快調。

ロコモコデー

ひじき

こうして画面で見るとなんだかスゴイ・・・。
ロコモコの根菜ハンバーグ用の野菜。
ごぼうと人参とひじきと玉ねぎがたっぷり。

そういえば、おとといの「所さんの目がテン」では「ひじき」がテーマ。
ひじきってそのままではほとんど無味で、
水で戻すとグググ~んと調味料を吸うから味が付くそう。
番組ではラーメンのスープで煮た「ラーメン風味のひじき」ってのを実験してました。
所さん曰く、ホントにラーメンの味なんだそう。

それを思い出しながらロコモコの下ごしらえをした今日。
ひじきとごぼう、人参、玉ねぎをもちろんラーメンスープではなく、
ごま油で炒めてお醤油で味をつけてから
ひき肉、手作りパンを細かくしたもの、卵と一緒にこねこねして焼きます。

今日はなんだかロコモコのご注文がたくさん入った、ロコモコデー。
日によってなぜか1つのメニューに集中すること多し。

3年前

昨日は秋田市にて雇用創出啓発セミナーに参加。
案の定、頭の中が混乱し、お話したいポイントを忘れまくり、何が何だかわからぬ40分・・・。
あ~すれば良かった、こ~すれば良かったの後悔ばかり。

でも、花fe香feオープン準備~オープン後の3年間をお話するという機会があったことで、
今までのことを振り返り、これからのことを改めて考えることができたから、
(話の内容はどこか遠くに置いといて・・・)私にとってはとてもいい日だった。

私に起業するきっかけを作ってくれたsato先生とshihoさんに
会場で久々にお会いできたこともすごく嬉しかったし♪
二人に会うと3年前、起業セミナーで事業計画の指導を受けていたシーンが鮮明に・・・。

終わった後はこれまた久々にココラボのsasaoちゃんとgotoさんの所へ。
元気な様子の二人に会えて、胸が熱くなったよ。
3年前、同じ起業セミナーに夢膨らませて参加し、その後起業するチャンスを掴んだけれど、
なかなか不安が頭から消えず、今やるべきか悩んだsasaoちゃんと私。

でも思いきって1歩踏みだし、なんやかんやであれから3年。
あの時の夢が実現して、お互いに続けてこれたことが本当に嬉しい。

(見た目は無理だが気持ちだけ)今よりも3歳若かった私に帰れた1日だったのでした。

嬉しいポストカード

パンのカード
今、まさにオーブンへ突入しようとしている食パン。
ギリギリフタできる発酵状態がベスト。
「ん~もう数分かな」と放置している間にすっかり存在を忘れ
発酵が進みパンケースを飛び出しフタできず、
角食ではなく山型食パンになったことも過去に数回。
3ぽ歩くとすぐに忘れてしまう、ニワトリのような私。

食パンと一緒に写ってるポストカードは
中仙チームのメンバーでもあり私たちの巻き寿司の先生でもある田口さんが
作ってきてくれたカード。
毎月花fe香feで覚えたパンを自宅でも作り、それを撮影したものだそう。
もうもう、嬉しいの一言ですよ~。


明日の午後は秋田市山王のルポールみずほにて
雇用創出啓発セミナーというのがあって
そこで創業体験談を30分ほどお話してきます。

オープンしてからの3年間についてお話しようと思っているけれど
なんてったってボキャブラリー貧乏の私・・・。
来てくださる皆さんにうまく伝わるだろうか、心配。

そしてセミナー前夜にして頭の中でまとまりきらず。
気持ちは焦っているのに、なぜか今お店閉めてから
お菓子の試作を始めちゃったりしてます。

これぞ現実逃避!

逆さシフォン

逆さシフォン

昨夜は中仙チームの皆さんとシフォンケーキ作り。
15cmの紙型を使って、焼いたシフォンケーキは計7台。

シフォンケーキはふくらんだ生地がしぼむのを防ぐため、焼いたらすぐ逆さに。
型の中央にある筒の部分を瓶などにさして固定します。
昨夜はとっておいたワインの空き瓶7本を家から持ってきて使用。

以前親子パン教室に参加してくれた、粘土遊び好きという小さな男の子が
上手にパンをこねるので、「粘土こねてるから、パンこねるのも上手だねぇ」と言ったら
「あ~、俺、粘土遊びしていて良かった!」と大人な口調で可愛いコメントを。

あ~、私もワイン好きで良かった!
空き瓶が役に立ったよ~♪

大曲たい焼き

ベンチタイム中のドライフルーツパン
●↑ベンチタイム(一次発酵が終わってちょっと休憩中)の
ドライフルーツのパン


ず~っと気になっていて
なかなか行けずにいる場所ってあります。

昨日は大曲に行って、そんな場所のひとつを制覇。

大曲駅を通り過ぎてしばらく行くと「たい焼き」という赤いのぼりが数本。
でもそばにお店は見あたらなくて、「ハテ、どこにあるんだ??」と
ずっと思っていた謎のたい焼きやさん。

いつもは通り過ぎいていたんだけど、こっち曲がったらあるかなと
右折してみたら、ありました、とってもちっちゃなたい焼きやさん。

「大曲たい焼き」というそのお店は70代後半(?)のおばあちゃんが
狭~い空間でおそらくたい焼きだけ焼いているお店。
1個80円。そして学生さんは70円という、なんとも良心的な昔風のお店。

早速買うべくいそいそと店先へ向かった私。
私の前にOLさん風の女性が並んでいて「おばあちゃん、10個ありますか?」と。
おばあちゃんがどう返事したのか、私には聞こえなかったけど
そのOLさん、くるりと私の方を向いて「何個買いますか?」。
「1個です」と指1本をお空に向けて答えた私。

そしたらOLさんが「あ、おばあちゃん、私やっぱり5個で!」。

そうか。OLさん、ホントは10個欲しかったのに
「今日の分は残り6個」とおばあちゃんが返事したから、
1個私の分を残してくれたんだ。

OLさんの小さな気遣いがすご~く嬉しくて。

初めて食べたそのたい焼きはほんのり蜂蜜の香りがする生地で
まさにおばあちゃんたちが家で作るおやつみたいな味がしました。

また行こう。

くるみとクリームチーズのパン作り

パン教室2月18日 2

今日の午前中は大仙市から参加の4人グループでパン作り。
メニューは「くるみとクリームチーズのパン」。

1人以外はパン作り初めてとのことでしたが、
いやいや皆さん、なかなかの手付きで、ふっくら焼き上がりました。
パン教室2月18日


手作り体験といえば、昨日、家族で岩手県にある「手づくり村」へ。
南部せんべいの手焼き体験は前からあったけど、
なんと盛岡冷麺の「ぴょんぴょん舎」がやっている「冷麺作り体験」が!

体験してきました、冷麺作り。
でんぷんと小麦粉に熱湯を入れ、こねこね数分。
生地を製麺機(っていうんですかね?)に入れて、にゅ~っと出しカット。
茹でて冷水でぬめりをとったら、「ぴょんぴょん舎」の名入りどんぶりに入れ、
冷麺の具をトッピング。そしてスープをたっぷりと。

最後はもちろん試食。といってもちゃんと1人、1人前まるごと。

さすがぴょんぴょん舎だけあり、美味しかった。
(焼き肉も食べたい気分になったけど)

そば打ちやうどん作り体験はよくあるけれど
冷麺作りっていうのは意表つかれました。

でも手軽に出来るし、美味しかったし、
一度体験する価値ありありですよ。

オニオンブレッド

オニオンブレッド

オニオンブレッド2

今日から始まった今月の手づくりパンを楽しむ会
「オニオンブレッド作り」。

バターでじっくり炒めた玉ねぎをパン生地に加えこねこね。
パウンド型に入れて、マヨちょこっと、スライスオニオン、
そしてたっぷりの溶けるチーズでこんがりと♪

しっとりとしたパン生地が特徴のオニオンブレッド。

ちなみにこのアルミのパウンド型は100キン。
今や「こんなものまで~!」と思うような便利な道具が
100キンに揃ってるから、嬉しいです。

ちょこぱんぱん

ちょこパンパン

ちょこパンパン2

この間の三連休は2歳半になるカワイイカワイイ甥っ子
(おばバカです)が仙台から遊びに来ていて。
お父さんと同じく赤チョコ(ガーナ)が好きだという彼からのリクエストにより、
一足早いバレンタインのちょこぱん(彼はちょこぱんぱんと呼ぶ)を焼きました。

くるみ入りのパン生地に砕いたチョコを散りばめて
丸く形を作ったらアルミカップに入れて発酵&焼成。
嬉しいことに気に入ってくれたらしい。そしてアルミまで食べていた・・・。
普段なかなか私にはつれない彼が満面の笑顔を私だけに見せてくれるのは、
私がパンを焼いてあげた時だけといっても過言ではないかも。
それでも彼の笑顔が見れるならと、いじらしくパンを焼いてあげるおばバカの私です。


そうそう、バレンタインデーの本番は今日。
ちょこぱんぱんを作ったことですっかり任務を終えた気分になっていた私は
今日の午後まで本番日だということをすっかり忘れていて、
わが家のバレインタインの用意をしておらず・・・。
「う~ん、何かないかねぇ」と辺りを見回したら、あ、そうそう今日は午前中、
来週、中仙チームの皆さんと一緒に作るシフォンケーキを試作したんだった♪
ミニシフォン

ふふふ、これにチョコレートソースを添えよう。

チョコレートソースは
 ①チョコレート(あればお菓子用)40gを湯煎かレンジで溶かし
 ②生クリーム&牛乳各20cc、はちみつ小さじ1~2をまぜて小鍋かレンジで温め、
 ③溶けた①のチョコに②を少しずつ入れてよく混ぜる、だけ。
お好みでラム酒を入れると大人が喜びます。

このチョコソースをおうちにある小さめのコップの内側にふりかけ
ちぎったカステラ(スポンジケーキの端っこでも)とバニラアイス、
コーンフレーク、チョコソースをてきと~に交互に入れると、ミニチョコパフェが完成。
最後にとろ~りと泡立てた生クリームとチョコソースをのせれば
お店やさんのパフェみたい。バナナやイチゴをのっけてもいいねぇ。

チョコパフェ

☆ポイント 幅広ではなく、細長いコップを使った方が盛りつけ簡単♪

ライブ三昧の三連休

大木彩乃ライブ2月9日


この三連休、花fe香feはライブ三昧。
普段なかなかフタ開くことのないピアノが大活躍。

2/9の夜は大木彩乃さんのピアノ弾き語りライブ。
彼女の澄んだ歌声とギターの菅原弘明さん、
ベースのha-jさんの音が絶妙に重なり合い、
それはそれは素敵な音色が花fe香feいっぱいに広がりました。
大木彩乃さんの優しく強く、そして飾らないありのままの
チャーミングな演奏に癒され、勇気をもらった方も多かったよう。

そして2/11のテンテンカルテットジャズライブ。
10代のジャズミュージシャン4人がエネルギー全開で
集まったたくさんの人たちを魅了。
若さだけじゃない、彼らの素晴らしいテクニックと情熱に
みんな驚きと感激を押さえきれず、大盛り上がり。

私も興奮しまくり。
9日の夜、家に帰ってからは大木彩乃さんの「あなたのキスは」と
「とかげ」の2曲が頭の中を延々とリピートし眠れず、
11日の夜はテンテンカルテットの「Straight, No Chaser」と
「On The Sunny Side Of The Street」が夢の中ぐ~るぐるで
これまた寝不足。

ライブの音が頭から離れず眠れないなんて
贅沢な悩みなんですけど。

大木彩乃ライブ第2弾

大木彩乃さんのライブ第2弾が決定しました。
今回はソロで彼女の世界にどっぷり浸るライブ。
あさって2/9のライブも早い時期に席が埋まってしまったので
ご希望の方はどうぞお早めにご予約くださいね。

「大木彩乃ライブ at 花fe香fe」
●4月19日(土) 17:30open 18:30start
●チャージ 3,000えん(1ドリンク&軽食付き)


食パン

そしてそして話題はど~んと飛んで。
花fe香fe手づくり食パンの配合が変わりましたよ。

粉は北海道産の小麦粉に、砂糖はミネラルなどの栄養分を含んだ甜菜糖、
塩は自然海塩(今は海の精)。
そしてこれまでと同じく白神こだま酵母、よつばバター、水、牛乳が入ってます。

ポストハーベストの心配もなく
粉の風味がしっかりと感じられる国内産小麦粉を使って
いろいろ試してみたら
白神こだま酵母との相性もとっても良く
今までよりもさらにもっちり感が増したよう。

お湯

あって当たり前。出て当たり前。

当たり前だから、便利だなって感じることもない毎日。

昔の人はそんなの使えなかったのに・・・。

今日の夕方、これまでいかにあなたが活躍してくれていたのか、
身をもって知りました。

あああ、早く直ってください、給湯器さま。
マイナス気温の中、お水で食器洗いはキツすぎます。

昔の人たち、ごめんなさい。
私はやっぱりお湯がなければダメな現代っこ・・・。

朝カレー

野菜と豆の焼きチーズカレー

ヤフーニュースに「朝カレーで脳内活性化」という記事が。
シーズンまっただ中の受験生には興味シンシンの研究結果。
なんでもカレーのスパイスにその効果があるのだとか。
ハーブやスパイスはココロとカラダに働きかける
いろんな効能があると言われるから、ごもっとも。

偶然今日の花fe香feランチに作ったのが「レンズ豆のスパイシーカレー」。

その香りに誘われてか、私が今日のお昼ごはんに食べたのは
新しく定番メニューに加わった「野菜と豆の焼きチーズカレー」。

そして夕方、「月刊あんどなう」さんの取材があって、記者さんが
「これ、いいですね~!」と選んでくれたメニューが
同じく「野菜と豆の焼きチーズカレー」。

今日はなんだかカレーづくし。

「野菜と豆の焼きチーズカレー」は野菜がたっぷり摂れて
カラダ、特に胃にやさしいカレーを食べてほしいな~と思い、
試作を重ねて作ったオリジナルの無添加キーマカレー。
雑穀ごはんにこのカレーとチーズをのせて、オーブンでこんがりと。

刻んだたっぷりの玉ねぎ、人参、ピーマン、少量の豚肉を
EXオリーブオイルでじっくり炒め、コトコト煮た地元の青豆と豆汁、
そして押し麦などを入れて、じっくり煮込みます。
ルウや小麦粉を入れなくても、野菜と押し麦と豆でとろみと甘みが。

スパイシーな香りと辛みがチーズのコクと相性よく、
食べ終わった後は汗がじわじわ出てくるけど、
カラダの中から温まってる~って感じしますよ。

ああ、そうそう、朝カレーの話。

カレーを朝食べる理由は、本番の試験は朝早くから始まるので
朝から頭がフルに活動できるように、朝食べて「やる気モード」の
スイッチを押すそう。

やる気モードの朝カレーはともかく、晩ご飯に食べたカレーを
次の朝食べる「朝カレー」は、単純に美味しいですよね。
しかも、お皿じゃなくって、ごはん茶碗で食べる小盛りカレーが。

小牟禮尊人・こむれみほさんの二人展

二人展

ただいま開催中、展示会のご案内。

秋田市手形の「アトリエ木の実」さんが
オープニング企画展として、ガラス作家の小牟禮尊人さん、
こむれみほさんの作品を展示販売中だそうです。

私も大好きなお二人の作品、新しいギャラリー木の実さんの空間で
どんな風に目に映るんだろうか・・・。すごく楽しみです。

皆さんもぜひぜひどうぞ♪


「二人展 小牟禮尊人・こむれみほ」
 
 にちじ 2月2日(土)~2月16日(土)
      午前11時~午後18時(最終日は午後17時)
 
 ばしょ レンタルギャラリー/アトリエ木の実(KONOMI)
      秋田市手形山中町6-3 TEL/FAX 018-834-2479

ブーケ

アートフラワー教室
今日はお向かいの門脇さんによるアートフラワー教室。
参加されたお二人は今回でもう5回め。
優しくやわらかい雰囲気のお二人にぴったりの
お花が完成しました。

この花びらも布を染めて、1枚1枚カットして・・・。
下準備から楽しいという門脇さん、
本当にアートフラワーが好きなんだな~と見てるこちらも感激です。

アートフラワーブーケ
そしてこちらは横手のお客様からご注文いただいたブーケだそう。
花嫁さんの白ドレス、色ドレス、それぞれに合わせて。
とても布で出来ているとは思えない気品高さとやわらかさでした。

花嫁さんが実際に身につけたところ、見たいな~♪

ピーナッツバター

ピーナッツバタートースト

小さい頃はピーナッツバターが苦手でした。
柿ピーはおかきだけ選んで食べてたからピーナッツが苦手だったんだな。
トーストにぬって食べるのはもっぱらバター&いちごジャム。
ときどき練乳ってのも。

なので最近まで実はピーナッツバターを口にした記憶なし。
でも新しいキーマカレーやお菓子作りに使いたいな~と思って
ずっとピーナッツバターを探してて・・・。

見つけました。余計なものが入らず
ピーナッツと塩だけで作られたピーナッツバター。
塩味が効いていて、まさに濃厚なピーナッツ味。
「あれ?!ピーナッツバターってこんなに美味しいものだったの~!」

買ってきたその夜はもうやめられない、止まらない状態。
パンやクラッカーにたっぷりのせて食べちゃって
もうおしまいにしようと閉めたフタを何度も開け・・・。

そしてそして、このピーナッツバターをぬったトースト
花fe香feメニューに加わりました。
もっちり食感の手作り食パンをオーブンでこんがり焼いて
ピーナッツバターをたっぷりぬりましたよ。

ちょっと懐かしい味のする、おすすめトーストです。

「ピーナッツバタートースト」420えん
 ☆コーヒーやたっぷりカフェオレともすこぶる相性よし。


★★★昨日のブログ訂正です★★★
さとうゆみこさんのプリザーブドフラワーの価格が間違っていました。
画像の作品は1600円、その他に1300円の作品もあります。
大きな勘違い、ゴメンなさい!


プロフィール

花fe香fe みなこ

Author:花fe香fe みなこ
心地よい音楽が流れる 温かな
空間で ほっとできる手作りの
ごはんやおやつを楽しみながら
のんびり時間を過ごして
いただけたら うれしいです。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。